実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。

葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。

受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。

近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています。葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げるという目的から、妊娠初期の妊婦さんに対して、積極的に摂取するように厚生労働省が推奨している栄養素です。

普段の食事でも葉酸は摂れますが、つわりがひどい時には、食事で葉酸を補給するのも困難な場合もあるでしょう。

そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、葉酸サプリメントに切り替えることで不足しがちな葉酸もちゃんと摂取できるという訳ですね。

実際に妊娠してから葉酸を摂取し始めたという方が多いのではないでしょうか。

それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。

赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても問題ないでしょう。

しかし、葉酸が担う働きは妊娠中に限ったものではなく、それ以外でも様々に活躍してくれます。

例えば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、葉酸の摂取を続けることで日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。

妊娠を考えるようになって、葉酸がとても大切だという事に気付かされています。
産後抜け毛

今、私は妊活中なのですが、この時から適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。

その記事によると、葉酸は、胎児が元気に成長するための重要な成分らしいです。

妊娠した段階から不足しやすい成分だそうなので、妊活中からの摂取が求められているようです。

Comments are closed.